ストップ不可能な依存症~習慣改善治療のプロにお任せ~

いくつかある症状の特徴

相談

物事に熱中しすぎてしまうと依存症になる可能性がありますが、依存症には良い依存と悪い依存があります。良い依存は自分にとってためになることで、それに依存をしていても自分にプラスになるので継続する方が良いといえます。将来役立つといってもあまりに集中し過ぎると心身ともに疲れきってしまうので適度な休息を取ることも必要です。また悪い依存では、日頃からアルコール摂取をしてしまう人や、パートナーに暴力をして満足する人、精神を安定させるために特定の薬物を服用してしまうことなどがあります。こうした依存症は身体に悪影響を与えて、継続することによって次第に身体がボロボロになる可能性があります。免疫力が低下することによって、依存症だけではなく他の病気にもかかりやすくなってしまうので、依存症に気付いたら専門クリニックで早期治療を行なう必要があるのです。

依存症にはいくつかの種類に分けられており、その症状によっても改善法がそれぞれ異なっています。依存症の特徴としては、その物事に集中してやめようと考えてもやめることができない強迫的なものと、反復的なものがあります。またその他にも衝動的なものや貪欲的なものがあります。依存症の症状が周りから見てすぐに判断できるものでも、自分には自覚症状がないことがほとんどです。専門クリニックで治療をしていくためには、まず自分で病気の理解をすることも早期解決のためには必要なことになります。依存症は大きく分けて物質依存や行為依存、人間関係の依存などが挙げられています。アルコールやたばこなどには配合されている成分によって人間の身体に刺激を与えてしまうことから、社会人の方で依存をする方が多くなっています。自分でセーブできるのならまだ治療が必要な段階でありませんが、これに執着してしまうと満足するまで続けてしまう行動をしてしまいます。特にアルコールやたばこなどはハマりやすい方が多いとされているので、これから摂取する際には注意が必要になります。

その他にもパートナーや家族と一緒に暮らしているときに起こる依存症として、暴力や暴言などがあります。これは物質依存に比べて相手に危害を加えてしまう行為になるので、場合によっては事件に発展してしまうこともある恐ろしい症状の一つです。依存症はすぐに気づくことでその人に合う治療を受けて改善へ導くことができます。放置をしていると症状が悪化してしまうので、早めに専門クリニックへ受診をしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加