ストップ不可能な依存症~習慣改善治療のプロにお任せ~

やめられない衝動

迷路

依存症になると自分が満足するまでその行動を続けてしまうという異常行動を起こしてしまいます。その場では満足したとしても徐々に時間が経っていくごとに、また衝動的な気持ちになって同じ行動を繰り返してしまうのが特徴です。この行動に陥ってしまうのにはストレスも大きく関係しており、日頃からストレスを抱えている人は、それを発散するために異常行動を繰り返してしまう傾向にあります。代表的なものとしてはアルコール依存症や薬物依存症、ギャンブル依存症などが挙げられていますが、依存の状態によっては自分だけでなく相手にも危害を加えてしまうことのある恐ろしい症状なのです。自分で自覚をして制御しようと考えていても、結局自分に甘くなって同じ行動を繰り返してしまう人も多いです。軽度ならある程度制御できますが、重度なものになると抑えきれなくなってしまい、身体に悪影響を与えてしまう可能性もあるので、その状態になったときは専門クリニックで検査や治療をしてもらうのが良いでしょう。

依存症の人は精神的なストレスが原因によりその行動に陥っている可能性もあるので、まずはその人の生活習慣などを詳しく聞いてから原因を探っていきます。ストレスが原因なのであれば、それに合わせて専門医がカウンセリングや薬物療法などで改善を目指していきます。薬物療法では精神面を落ち着かせるための抗うつ剤や精神安定剤などが処方されるので、薬を服用することによって高ぶった気持ちを抑えることができます。

自分だけの力で抜け出すことができない依存症は、放置していると更に症状が深刻化して手遅れになってしまうことがあります。やめようとしてもやめられない衝動は他人から理解されにくいものでもありますが、治療をして完治するためには家族や友人らがその人の症状を理解することも解決の一歩へと繋がるのです。専門クリニックでは無料相談をすることもできるので、日々依存症の症状で悩んでいる方はまず悩みを打ち明けてみましょう。依存症になっている人は自覚をしていない人も多いので、その場合は周りがその人の状態に気付いてあげることが大切です。日本全国に多くの専門クリニックがありますが、駅から近くてアクセスしやすいところなら定期的に通院をすることができます。クリニック情報はインターネットから探すことができるので、まずはクリニック情報を収集してそのクリニックへ通うのかを決めていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加