ストップ不可能な依存症~習慣改善治療のプロにお任せ~

症状発症になる原因

医師

ストレス社会となっている現代では依存症の悩みを抱えている人が年々増えているとされています。溜まったストレスは趣味や遊びなどで発散をすることができますが、人によっては何かに依存をすることで発散することができるという人もいます。依存症にはアルコールや薬物などがありますが、それらの依存症になる原因は様々にあります。その一つとして親からの遺伝的なものから依存症になることもあるとされています。例えばどちらかの親がアルコール依存者である場合、子供も高い確率でアルコール依存症になりやすいとされています。そのため、親がアルコール依存症の場合は自分自身も依存症にならないようにアルコール摂取をするときには気をつけなければなりません。

親の遺伝から依存症になることも多いですが、その他にも身体の中にある神経機能の異常によって依存症になることもあります。アルコールや精神安定剤などの薬物を摂取すると、気分が高揚してリラックス状態になることができます。そのような状態になるのが快感で、日頃からアルコールや薬物を摂取することにより依存症へとなる場合もあります。摂取をし続けると脳の神経伝達が異常を起こしてしまい、更に高揚効果を高めようとすることから日に日に摂取量が増えてしまう人もいます。

脳の神経伝達機能に異常が出ることによって精神面にも大きな影響をもたらすことがあります。神経の異常が原因でうつ病や心身症になることもあるので、依存症とともにそうした症状が出てしまうと完治も遅くなってしまいます。クリニックでは依存症の治療を専門としているところもあるので、根本的に治療をしたいなら専門機関へ訪れましょう。遺伝や神経の異常などの原因がありますが、その他にも条件付けや心の脆弱、社会環境の影響なども挙げられています。依存症の治療をするときはまず原因を突き止めていくことで、その人に合う治療を導き出すことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加