ストップ不可能な依存症~習慣改善治療のプロにお任せ~

アルコールによる依存

診察

社会人になると会社の付き合いやストレス発散のためにアルコール摂取をすることが多くなりますが、間隔をあけて定期的に摂取をしていればあまり身体に悪影響を与えてしまうことはありません。ですがアルコールを連続して摂取すると肝臓に負担をかけて病気になりやすくなるとともに、アルコール依存症になりやすくなってしまいます。そうなると自分で止めることができなくなるので、ますます症状が進行して身体の免疫力も低下するでしょう。こうしたアルコール依存症は男性よりも女性になりやすいとされていますが、その原因は身体の仕組みの違いがあるからだといわれています。女性は男性に比べてアルコールを摂取したときのアルコール濃度が上がりやすいとされているので、その結果アルコール依存症になりやすいのです。アルコール依存症になった場合は、お酒を元から断つことが依存症を改善するために一番効率的であるといえます。ですが一度アルコール依存症になった人はなかなかお酒を抑えることができませんが、お酒とは違う趣味などを見つけると良いです。

お酒を摂取することで体内にアルコールが回るので、身体全体が温かくなって楽しい気分になることからストレス軽減のために摂取をする人も多いです。絶対にお酒を飲んではいけないというわけではないですが、日々の生活で少しずつお酒の量を減らすことによりアルコールへの依存も少なくなるでしょう。アルコール依存症の他にも、薬の服用がやめられない物質依存やストーカーやDVなどをする人への依存などもあります。依存症になるとそこから抜け出すのが難しくなってしまいますが、少しずつ治療を進めていくことによって依存症の状態を改善していくことができるはずです。またこうした依存症だけではなく、人によっては他の精神疾患も患っていることもあるので、その場合はまた別の治療法を行なう必要があります。

一人一人治療法が違うため、まずは専門クリニックで精密な検査を行ないましょう。専門クリニックでは無料相談も行なっているので、自分の行動や身体の状態に少しでも違和感があるときは、すぐに相談をすると良いです。依存症や他の精神疾患などは一人で悩みを抱えてしまう人も多いです。一人で悩むと一向に問題解決をすることができないので、それが原因で症状を悪化させてしまうこともあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加