ストップ不可能な依存症~習慣改善治療のプロにお任せ~

こころの悩みに役立つ情報

Special

やめられない衝動

迷路

ストレス発散のために異常行動をしたとしても、また時間が経つごとに依存症の症状が出ます。この症状は軽度なものから重度になる可能性があるので、一刻も早く病院での検査や治療が必要になってきます。

続きはこちらから

いくつかある症状の特徴

相談

依存症といっても一つに限らず、人によって違う症状を発症することがあります。その症状の代表的なものとして強迫的なものや衝動的なもの、反復や貪欲的なものに分けられています。

続きはこちらから

自覚をすることが大切

カウンセリング

物や人に依存をすると、理解をしていてもなかなか自分の意志で抜け出せなくなることがあります。こうした依存症は自分で症状の自覚をすることから治療を始めるのが重要となります。

続きはこちらから

Topics

診察

アルコールによる依存

依存症の中でも多くの人が悩みを抱えているものとしてアルコール依存症が挙げられます。この依存症になると毎日お酒を飲んでしまうので、次第に身体にも悪影響を与えてしまうので注意が必要です。

誰でも起こりうる問題

ハート

何かに執着をして依存してしまうことは誰にでもありますが、過度なものではなく軽度なものが多いです。物事に依存していたとしてもそれが毎日継続していない人や、たまの衝動であればストレス発散にも繋がるはずです。しかし依存症になってしまうと自分の欲求が満たされるまで行動に移してしまい、症状が悪化すれば他人に被害を与えてしまうこともあります。自分自身の気分を改善するためや日常生活の中で悲しいことがあった出来事を忘れようと気持ちを入れ替えるために依存へ走ってしまう人も多いです。日本はストレスを溜めやすいとされていることから、こうした依存症に悩む人達が増えている傾向にあります。依存症になると日頃からストレスを発散できたとしても、その行動によってまた更にストレスが増加して同じことを繰り返してしまいます。軽い依存であれば自分自身でコントロールすることができますが、重度なものになるとコントロールをすることができなくなって自分でも抑えることができなくなってしまいます。

自分の不可解な行動を止めようと考えていても、なかなか自分でブレーキを踏むことができないのが依存症です。依存症による行動を終えた後は、我に返って孤独感や罪悪感を感じるという人もいます。依存症が続くにつれて更に症状がエスカレートしてしまうので、専門クリニックで治療をすることが必要になります。段階を踏んで治療をしていきますが、その人の状態によってどの段階から治療していくのかも異なります。依存症はなかなか自分で症状を認めることができませんが、治療を進めていくためには症状のことを理解して、自らが進んで治療をするという意志を持つことが大切になります。依存症の治療は行動療法や薬物療法、認知行動療法などで少しずつ症状を緩和していくことができます。依存症の状態によっても改善法が異なるので、クリニックで治療をするときは専門医とじっくりカウンセリングを行いましょう。

医師

症状発症になる原因

依存症にはいくつか原因がありますが、その原因によって解決法が異なっています。原因として多いのは遺伝性のものや神経機能の異常などが挙げられています。原因を突き止めることで治療も早く進みます。

このエントリーをはてなブックマークに追加